2013年06月27日

月と太陽の歌詞

グループ名の由来は、中国で古代より下剤などに使用されている薬草
「決明子(けつめいし)」で、薬草の効用になぞらえて
「全てを出し尽くす」という意味が込められているとか


月と太陽

作詞:ケツメイシ
作曲:ケツメイシ・守尾崇

君を苦しみから救う為に
僕は生きて来たんだろう
例え君が悪い奴だって
僕は構わないよ...
君の弱さを守る為に
僕は生まれて来たんだろう
例え君が望まなくたって
それが運命だから

またどうしようもない事ばかりかい?
呆れ 助ける手だて 方法もない
でも君が泣くならば 僕が笑おう
君がそうならば 僕が変わろう
甘えればいい 強がるもいい
君は君のままであるといい
ただ言葉いらない 飾らないし
そりゃたまには あるさ上がらない日

ならなってやろう僕は君の太陽
上向いて歩けば最高
君の元を皆が離れ
別れても 変わらぬままで
まるで光と陰
揺れ動く心は雨のち晴れ
その君の心の痛みとばす
僕は君 照らす 光となる







posted by 月と太陽 at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 月と太陽 歌詞 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。